FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハニーワームを殖やしてみた♪

殖やして安心♪そして便利♪ 今回はハニーワーム養殖にチャレンジしてみました。

何もそこまで・・・と思ったりするけど、やっぱりハニーワームは是非とも欲しい餌。
けど、近所には悲しいかな扱うショップもなく・・・通販で求める以外に方法はなかったのです。
送料とか考えていたらお財布は厳しいし、どうしても欲しいサイズが手に入らない。

そんなわけで始めてみましたハニーワーム。

P1280571.jpg


モリアオガエル、サンショウウオに与えて余ったハニーをまずは蛾にします。

せっせと繭を作るハニー。ハチノスツヅリガという蛾になるのです。

P1300219.jpg

蛾になってもらわないと話は進みません。

飼育ケースは産卵後にそのままハニーを飼育ということで気を使います。

100円ショップで購入したボトルに蓋を工夫して、0.04ミリの細かいネットを両面テープでつけました。
P1310291.jpg

P1310290.jpg



ハニーの餌兼培地のつもりでハチミツとフスマを適当に練りこんで容器の底に入れます。
ドロドロではダメです。
ハニーを購入したときに一緒にプリンカップに入っている餌兼培地、これを真似ればよいのです。
けっこうサラサラに作りました。

高度なレベルの人はグリセリンなど混ぜたりされるようですが、ハチミツとフスマに若干のカルシウムとビタミン。

やがて繭から成虫、ハチノスツヅリガが登場してきました。

P1300639.jpg


数匹の蛾がいれば、必ず雄と雌が存在するはず。

せせこましい場所に好んで卵を産むということで、硬めのボール紙(黒)を立てかけてみました。

P1300471.jpg


親となるハチノスツヅリガ、全然飛び回ることのないおとなしい蛾です。
ジーッとしているのは卵を産みつけているのか?

時々、ボール紙を虫眼鏡で確認するのですが、産んでいる形跡はない・・・(´_`。)
そう思って諦めていました。

ハチノスツヅリガの寿命は2週間ぐらいでしょうか?パタパタと死んでいきました。

その死骸を取ろうとしたところ! うん?蓋の表面を何かがうごめいている?
かなりのスピードで糸クズのようなものが動き回っています。
その一部は0,04ミリのネットの外へも!!

P1300634.jpg


それだけ細かいのです。ハニーの初齢虫。

そんなころには培地はカサカサの状態になっていたのです。
だから餌が不足して初齢のハニーは餌を求めてさまようのです。

餌兼培地の追加。

あの糸クズのようなハニーの姿は培地の中に消えていきました。

そして、しばらく忘れていた頃に! なんと5ミリ~1センチぐらいのハニーが再び!

P1310244.jpg

P1310246.jpg

P1310249.jpg


そろそろ培地がカサカサ状態になってきているのでしょうか?せっせと動き回るハニーもいます。

いったい何匹のハニーが中に埋もれているのかはわかりません。かなりの数でしょう。

P1310288.jpg


とりあえず、とりあえずですがハニーワームの養殖に成功しました。
あとはコンスタントに殖やしていけるのか?

P1310247.jpg
ヒキガエル幼体もハニーを食したおかげでひと回り大きくなった気がします♪

今回は最低のレベルで殖やしたけど、次回からはレベルを上げないといけない。

累代飼育は続かないと聞いたことがあるので、再びどこかで親を購入して混ぜていかないといけないのか?
疑問も多く残ります。

まずは、まずは第一歩♪

フタホシ、レッドローチ、そしてハニーワーム。

殖やして安心♪そして便利♪



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

うぱ

Author:うぱ
旧ブログ『うちのウパ』http://upaupa.zoku-sei.com/より引っ越しました。
飼育している生き物のことなど、あれこれと書いていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。