スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなに大きくなりよって!


こんなに小さかったのに~! どこにおるのか??わからんかったのに~!

P1300375.jpg

6月8日、やって来た当時の2匹のヒキガエル。

同じ頃に同じヒキガエルをスタートさせた友人宅では最初の餌につまづいたようで早々に☆になったとか。
両生類に限らずですが、やはり初期飼料のつまづきは大きいですね!

フタホシ初齢虫、ワラジ初齢、トビムシ??土中のわけのわからん虫・・・これで何とか危険時期を食いつなげ。

あれから3ケ月近くになりつつあります。

毎日が成長?? スクスクとヒキガエルになってきています。

現在の飼育環境はこんな感じ。
P1300957.jpg
シンプルです。サラッとソイルを敷き詰め、シェルターと水入れを入れただけ。

P1300947.jpg
ほぼシェルターに身を隠すことが多いですね。



現在の2匹の様子。
P1310418.jpg

P1310528.jpg

かなりプリプリしています。

2匹並べて気がつくのは! 少し色が違って見える。
P1310761.jpg

ひと回り大きな個体、アカと命名しています。
P1310762.jpg

少し小さい黒い個体はクロと命名。
P1310763.jpg

どちらかというと積極的に餌を啄むのはアカ。
P1310759.jpg
常にお腹が腹パンです(笑)
性格ってあるんでしょうか?クロは少しばかり臆病に思える。

ヒキガエル!大きなカエルというイメージがあるけど、こんなに小さな幼少期があるとは知りませんでした。
成体になれば3~4日に1回程度でよいようですが、今の時期はとにかく食べさせて大きくする。
食べること、大きくなることが先決のようですから、毎日、フタホシ初齢をケースにパラパラ撒いております。

色んなサイトを拝見すれば、けっこう人馴れしている。
我が家のアカとクロもパラパラ撒きからピンセット給餌させたりして人馴れさせていきたいと思います。

なんとか暑い猛暑は乗り切れそう。
食欲の秋、しっかり大きく育てたいです。

が、ここで疑問が!! 冬、どうすれば??冬眠させるべき?? それともヒーターで??



スポンサーサイト

順調♪

100匹近くいたダニューブクシイモリ幼生もだいぶ落ち着きました。

落ち着いたというのはコンスタントにヤフオクで落札されていったことと、落ちることなく順調に変態上陸の兆しを見せていることです。

まずはプリンカップ飼育の幼生たち。

ヤフオク出品用に個別飼育しています。
数がそこそこ出て行ったのでスペースが出来た。なので、プリンカップを12センチに。

P1310576.jpg

7センチを超える個体も出てきたので狭かったのですが、そこそこ余裕が出てきました。
カップが大きいと飛び出し事故もグッと減ります。

P1310577.jpg
P1310582.jpg
1匹ずつ様子を見ながらピンセットで餌を与える。すごく人馴れしているのです。

ここ最近は配合飼料も納得して食べるようになりました。

現在もヤフオクで出品中です♪ 是非とも落札よろしくお願いします♪
幼生の今のうちがお安くてお得だと思います(^○^)

昨年は本当に苦労させられました。
卵を購入→19匹が孵化、14匹が→7匹に・・・その7匹がここに紹介する幼生たちの親となります。

今期はほぼ落ちなかった。
手元に置いて孵化させた幼生100匹超、そのうち☆になったのは数匹のみでした。
意外と孵化直後の幼生よりも、そこそこ育った幼生に落ちる個体がありました。
ある日突然!!そんな個体もいましたが、それでも100匹です。
こんなはずではなかった!100匹を飼育できるはずもない。
そんなわけで幼生のうちからオークションに出品したのです。

こちらは瓶飼育の個体です。

我が家でこのまま飼育していくつもりの幼生、将来は親になってもらいましょう。

P1310650.jpg

生意気にハニーワームなどを食べたりしております。

P1310654.jpg

外鰓が消失して変態間際の個体も数匹出現しています。

P1310659.jpg

P1310660.jpg


外鰓のついた可愛い個体もいっぱいいます♪
P1310668.jpg



こちらは幼生混泳水槽。

P1310672.jpg

幼いうちから8匹一緒にしています。
かなり壮絶な環境!のようで、尾っぽの短い個体が目立ってましたが、これも大きくなるにつれておとなしくなる?あまりムチャな行動には出なくなるもんです。

P1310670.jpg

最近、浮き気味な子が多いと思ったら、こちらも外鰓が消失していました。

30センチキューブ水槽、早めに蓋を考えないといけませんね(・・;)







夏を乗り切ろう サンショウウオ♪

暑い!ホンマに暑い!暑すぎる毎日が続きます。

人間にとっても暑すぎる日々、ということは・・・サンショウウオたちにとっても最悪の夏の猛暑なのです!

自然界のサンショウウオは暑くない場所、そのような生息地に住んでいますから、問題もないでしょう。

けど、飼育下のサンショウウオはどうでしょうか?
常温飼育ではとても持ちません。

サンショウウオ飼育をされている皆さんはそれなりの対処方法で夏を乗り切っておられると思います。

サンショウウオ飼育を本格的に始めて10年になります。
一時は夢中になってあらゆる種のサンショウウオに手を出して失敗したりしたこともありましたが、今はカスミサンショウウオ、クロサンショウウオの2種に落ち着いています。

夢中になっていた頃はサンショウウオサイト『Nature,Friend』を立ち上げて情報発信に努めてました。
今ではゴチャゴチャしてて閲覧できなく??なってしまってますがm(-_-)m
リンク先の『日本産サンショウウオと飼育』との情報交換も懐かしい思い出になっています。

さて!現在の我が家のサンショウウオたちですが、7匹を飼育しています。
なんと!10年目に突入したカスミサンショウウオが2匹とクロサンショウウオが1匹。
P1300914.jpg

P1310495.jpg

P1300913.jpg

昨年、幼生から上陸した2年目のカスミ3匹。
そして今年、卵から幼生→上陸したクロサンショウウオ1匹。

10年間、夏になるたびに怪しい発泡スチロールの箱に入って頂きます。

P1310422.jpg
こんな感じです。

適当な大きさのタッパーに1匹ずつ。
一見、狭いなぁ!とお思いでしょうけど、そもそもサンショウウオは動きまくりません。待ち伏せ方の典型みたいな生き物です。目の前を通る餌しか食べないということです。
なので、逆に考えればピンセットに反応してしまうんでしょうね。

P1310185.jpg
タッパーの真ん中をくり抜いて台所の排水ネットを蓋に挟み込む。ホントに単純そのもので10年間!夏を乗り切りました。

発泡スチロールの中には浅く水を張り、保冷剤を毎朝入れるだけ。
発泡箱に蓋をすれば温度はグーッと下がって20度以下を長時間キープできます。
以前は朝晩と2度交換してましたけど、さほど暑くならないと勝手に結論づけて今は朝だけ保冷剤を入れています。
最低15度~最高で(交換前)24度ぐらいです。

カスミ、クロ、他にトウキョウサンショウウオ、このあたりは思ったほど高温に弱くはない。
例えば30度にさらされても死ぬことはありません。
但し、そういうのが何日も続くと話は別。やはり命の危険はあるでしょう。

P1310189.jpg
タッパーの中はこんな感じでシンプルに。
今年上陸のクロサンショウウオです。
P1310488.jpg
ハニーワームを食べています。

こちらは山苔を敷いたタイプのケース。
昨年上陸したカスミです。
P1310490.jpg

だいたいこの発泡スチロール箱での飼育は7月~9月いっぱいぐらいまで続けます。
3ヶ月だけは毎朝保冷剤を交換。これだけで日本産サンショウウオ(低地型)の飼育は可能です。

餌も1週間に1回で充分なんです。
少なすぎる~かわいそう~と思わないでください。
自然界でのサンショウウオはもっと空腹なはずです。
餌に遭遇できる機会の多いサンショウウオは少ないのです。

夏の飼育が難しい・・・だから飼育を諦めようと思わず、面倒でも毎朝やることさえやれば飼育は可能。
毎朝、金魚に餌をやる、この感覚で保冷剤を交換する。
これだけでサンショウウオ飼育できます。

サンショウウオをもっと身近に♪ 夏を乗り切ろうサンショウウオ♪






ハニーワームを殖やしてみた♪

殖やして安心♪そして便利♪ 今回はハニーワーム養殖にチャレンジしてみました。

何もそこまで・・・と思ったりするけど、やっぱりハニーワームは是非とも欲しい餌。
けど、近所には悲しいかな扱うショップもなく・・・通販で求める以外に方法はなかったのです。
送料とか考えていたらお財布は厳しいし、どうしても欲しいサイズが手に入らない。

そんなわけで始めてみましたハニーワーム。

P1280571.jpg


モリアオガエル、サンショウウオに与えて余ったハニーをまずは蛾にします。

せっせと繭を作るハニー。ハチノスツヅリガという蛾になるのです。

P1300219.jpg

蛾になってもらわないと話は進みません。

飼育ケースは産卵後にそのままハニーを飼育ということで気を使います。

100円ショップで購入したボトルに蓋を工夫して、0.04ミリの細かいネットを両面テープでつけました。
P1310291.jpg

P1310290.jpg



ハニーの餌兼培地のつもりでハチミツとフスマを適当に練りこんで容器の底に入れます。
ドロドロではダメです。
ハニーを購入したときに一緒にプリンカップに入っている餌兼培地、これを真似ればよいのです。
けっこうサラサラに作りました。

高度なレベルの人はグリセリンなど混ぜたりされるようですが、ハチミツとフスマに若干のカルシウムとビタミン。

やがて繭から成虫、ハチノスツヅリガが登場してきました。

P1300639.jpg


数匹の蛾がいれば、必ず雄と雌が存在するはず。

せせこましい場所に好んで卵を産むということで、硬めのボール紙(黒)を立てかけてみました。

P1300471.jpg


親となるハチノスツヅリガ、全然飛び回ることのないおとなしい蛾です。
ジーッとしているのは卵を産みつけているのか?

時々、ボール紙を虫眼鏡で確認するのですが、産んでいる形跡はない・・・(´_`。)
そう思って諦めていました。

ハチノスツヅリガの寿命は2週間ぐらいでしょうか?パタパタと死んでいきました。

その死骸を取ろうとしたところ! うん?蓋の表面を何かがうごめいている?
かなりのスピードで糸クズのようなものが動き回っています。
その一部は0,04ミリのネットの外へも!!

P1300634.jpg


それだけ細かいのです。ハニーの初齢虫。

そんなころには培地はカサカサの状態になっていたのです。
だから餌が不足して初齢のハニーは餌を求めてさまようのです。

餌兼培地の追加。

あの糸クズのようなハニーの姿は培地の中に消えていきました。

そして、しばらく忘れていた頃に! なんと5ミリ~1センチぐらいのハニーが再び!

P1310244.jpg

P1310246.jpg

P1310249.jpg


そろそろ培地がカサカサ状態になってきているのでしょうか?せっせと動き回るハニーもいます。

いったい何匹のハニーが中に埋もれているのかはわかりません。かなりの数でしょう。

P1310288.jpg


とりあえず、とりあえずですがハニーワームの養殖に成功しました。
あとはコンスタントに殖やしていけるのか?

P1310247.jpg
ヒキガエル幼体もハニーを食したおかげでひと回り大きくなった気がします♪

今回は最低のレベルで殖やしたけど、次回からはレベルを上げないといけない。

累代飼育は続かないと聞いたことがあるので、再びどこかで親を購入して混ぜていかないといけないのか?
疑問も多く残ります。

まずは、まずは第一歩♪

フタホシ、レッドローチ、そしてハニーワーム。

殖やして安心♪そして便利♪



え! もう変態??

プリンカップ飼育しているダニューブ幼生の中から、先週より気になってた個体が!

P1310101.jpg

右から、左から。
P1310097.jpg

少しずつ外鰓が短くなってきて、今朝にはこんな状態に!

P1310106.jpg

ほんの少しだけ残ってる状態に。

体型も変わりつつあります。
P1310110.jpg

背中まであった鰭が退化してきています。
脱皮も確認。

3月~5月に孵化して出てきた子になります。こんなに早く変態上陸するものなのでしょうか?
昨年は夏を越して9月に変態が始まったのです。
なので、絶対に秋だと思い込んでました。

P131011k0.jpg
顔つきも?どこか変わってきたように思うんです。
目が少し飛び出した感じに見える。

他の幼生たちは

まずは白っぽい子
P1310111.jpg
幼生特有?ふっくらと丸みを帯びた体型。

黒っぽい子
P1310118.jpg
背中、後ろ頭付近まで鰭がきっちりあるのがわかります。

これが普通の今の時期の状況かと思うのですが、予想外に早い変態上陸?
ホントに変態するの??

プロフィール

うぱ

Author:うぱ
旧ブログ『うちのウパ』http://upaupa.zoku-sei.com/より引っ越しました。
飼育している生き物のことなど、あれこれと書いていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。